本文へ移動
〒870-0961 大分県大分市下郡山の手2番18号 TEL.097-569-8860/FAX.097-568-1991

栄養部

栄養科より

   
 栄養科は現在、病院管理栄養士1名、委託栄養士1名、調理師1名、調理員4名で業務を行っています。
患者さまひとりひとりの栄養状態に合わせた栄養量、咀嚼や嚥下の状態に合わせた形態、嗜好に配慮した食事の提供に取り組んでいます。

献立作成

 献立は当院管理栄養士が作成しています。なお、季節感を大切にし、季節の食材や行事食を取り入れた献立を作成しています。
 

行事食

 当院では季節の行事にちなんだ「行事食」をご用意しています。

クリスマス

手作りパン
ポトフ
照り焼きチキン
ミモザサラダ
フルーツポンチ

おせち料理

赤飯      鯛の塩焼き
海老の姿煮   数の子
黒豆      筑前煮
紅白かまぼこ  伊達巻
紅白なます   お吸い物

デイケアおせち料理

赤飯
鯛の塩焼き
祝肴三種盛り
(数の子、黒豆、栗きんとん)
筑前煮    紅白なます
べったら漬け メロン
梅そうめんのお吸い物

デイケア敬老の日

赤飯
鯛の塩焼き
野菜の天ぷら
炊き合わせ
奈良漬
フルーツ
海老しんじょうのお吸い物
※予告なくメニューが変更になる場合があります。

調理業務

 安全な食事の提供を第一に、衛生管理には細心の注意を払っています。
おいしい味付け、食べやすい調理形態、食欲をそそる美しい盛付けを心がけ、温かい料理は温かく、冷たい料理は冷たく召し上がっていただけるよう、温冷配膳車を使用しています。

栄養食事相談

 正しい知識、食習慣を身につけることが生活習慣病の予防・改善には重要です。患者さまの病気や生活環境を十分加味した、実行しやすく継続しやすい内容の栄養食事相談を実施しています。

栄養管理

 入院患者さまに対し個別の栄養管理計画を作成し、栄養ケア・マネジメントを行っています。

食べやすい食事への配慮

 「口から食べる」ということは当然のことのように思われますが、意識障害、嚥下障害、食欲低下、認知機能低下など、口から食べることが困難なことがあります。患者さまに適した栄養補給方法を選択しながら、最終的には口から食べていただけるよう、食事形態への対応を行っております。
患者さまの「食べることの喜び」が「生きる力」となるようサポートしています。

普通菜

きざみ菜

極小きざみ菜

やわらか食

 
お電話でのお問い合わせ
医療法人秀明会
だいかく病院
〒870-0961 大分県大分市
下郡山の手2番18号
TEL.097-569-8860
FAX.097-568-1991
 
 

 
だいかく病院訪問看護ステーション
 
 
〒870-0942 大分県大分市
羽田38番1号 アルテール米良202
TEL.097-567-0808
FAX.097-504-7175

 
介護保険サービスセンターだいかく
 
 
〒870-0942 大分県大分市
羽田38番1号 アルテール米良201
TEL.097-535-8130
FAX.097-504-7175
 

診療時間
午前9:00~午後12:30まで
午後2:00~午後  6:00まで

診療科目
内科、循環器内科、心臓外科、  整形外科、外科、精神科、    リハビリテーション科、     歯科、歯科口腔外科

外来休診日
日曜・祝日・水曜日午後
PDFファイルをご覧になるにはアドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です。 最新版をお持ちでない方は、こちらからAdobe readerをダウンロードしてください。(無償)
TOPへ戻る