だいかく病院

歯科Dentistry

診療内容および治療方針

診療内容および治療方針

一般歯科治療

小さなお子様からご高齢の方まで虫歯、歯周病、口内炎、義歯などの一般的な歯科治療を行っています。患者様お一人お一人の口腔内を審査、診断してそれぞれの方に最も適した治療方針を決定します。末永くご自身の歯で食事や会話ができ、笑顔で生活できるお口の健康状態を保てるように治療を進めていきます。治療終了後は定期健診だけでなく、ご自宅でのケア方法についてもお伝えしています。

基礎疾患を持つ方の歯科治療

近年、病気を持った方の歯科治療の割合は増加傾向にあり、そのような方にも安心して治療を受けていただけるよう配慮しています。
抗血栓療法(脳や心臓の病気などで服用する血液サラサラの薬)、骨粗しょう症(ビスフォスフォネート製剤等の薬剤服用)、がん・悪性腫瘍(抗がん剤や放射線治療)、脳血管疾患(脳梗塞等)、認知症、高血圧症、糖尿病、神経性疾患(パーキンソン病等)、発達障害、各種感染症などの治療を受けていらっしゃる方で、口腔ケアや歯科治療を希望される方は遠慮なくご相談ください。全身状態については、かかりつけ医や当院医科診療科と密に連携を取り、必要に応じて血圧や血中酸素濃度などのモニタリングを行いながら、病状や飲み薬、診療時の姿勢等に配慮した治療を行っています。脳梗塞や認知症などの既往があり誤嚥性肺炎のリスクが高く、口腔ケアが困難な患者さんに対しては、ご家族や入所施設のスタッフに対し、口腔ケアのアドバイスなども行っています。万が一、治療中に全身状態に異変が見られた場合には、当院医科診療科との連携の下、速やかな対応を行うことが可能です。

プロフェッショナルケアによる高齢者の肺炎予防

高齢になると細菌に対する抵抗力が低下するのに加え、身体調節機能が衰えるために肺炎にかかりやすくなります。高齢者の肺炎で死亡する人の94%が75歳以上のお年寄りで、90歳以上の高齢者の死亡原因第2位が肺炎です。また、高齢者の肺炎の70%以上が誤嚥に関係しています。嚥下機能低下により、気がつかないうちに唾液と共に細菌が肺に流れ込み、誤嚥性肺炎になるのです。
当科ではプロフェッショナルケアによる細部までの口腔清掃、義歯洗浄、また、日常の口腔ケア方法をお伝えし口の中の細菌数を減らすとともに嚥下訓練を行い、誤嚥性肺炎を予防します。

漢方による優しい歯科治療(健康保険適用)

口内炎、口腔乾燥症、味覚障害、顎関節症、歯周炎など症状に合わせた医療用漢方薬が当院で処方できます。
西洋医学では病気と診断されない症状でも漢方医学では対応が可能な場合があります。
漢方薬は体に備わった免疫力を高め、体のバランスを整えることで病気に克つ体に整えます。

自費診療

保険適用外のジルコニア、セラミック、ハイブリッドセラミック等の、金具の見えない入れ歯(ノンメタルクラスプデンチャー)作成など行っております。また、使い慣れた入れ歯がいいけれど古くなってしまったという方には、元の入れ歯から型を起こして複製するコピー義歯も作成しております。

当科の設備

エックス線写真撮影機(デンタルエックス線写真、パノラマエックス線写真:エクセラ スマート)

エックス線写真撮影機

撮影にはデジタル撮影機を使用しています。画像はデジタル処理し、専用のパソコンへ取り込まれます。従来のアナログ式の機械と比較して被爆量が少なく、画像が鮮明に映ります。

高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)

高圧蒸気滅菌器

治療器具を滅菌する器械です。治療器具は患者さん毎に滅菌し、清潔なものを使用しています。

歯科用吸引装置
(口腔外バキューム:フリーアーム フォルテF)

歯科用吸引装置

口腔内での治療時や、入れ歯や被せ物を削る際に出る粉塵を吸引する装置です。使用することにより治療室内を清潔な環境に保つことができ、院内感染予防対策にもなります。

バリアフリー

バリアフリー

出入口には段差が無く、足腰の弱い方や車いすの方もスムーズに出入りが可能です。

ご予約について

当科は予約制となっております。

ご予約は、当院総合受付、当科受付、電話にて承っております。 ご希望の治療内容やお口の症状等をお伝えください。
ただし、急患の患者さんはこの限りでありませんので、遠慮なくご相談ください。

歯科医師紹介

江角 恵理子

歯科医師

江角 恵理子

歯科

歯科、小児歯科

平成13年 九州大学 歯学部卒業
同大学 第一補綴科研修医

歯科医療の果たすべき役割は、口の健康だけではありません。
直接的には口の健康に関わってはいますが、口の健康は全身の健康につながっています。

健診や相談を希望される方は、当院総合受付へお気軽にご連絡ください。